スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジミーのスティール

最近だいぶサボり気味です。。。
でも、試合はしっかり観てます!

ブルズは5割目前のところまで勝率を戻して来ていますが、
ここ最近はウィザーズにだけ勝てずに、
なかなか5割に届きません。
今日のレイカーズ戦は5割復帰をかけて3度目の正直と行きたいところですね。

さて、デンさん放出の衝撃から早くも2週間が経とうとしています。
この間の好調なブルズを支え、今後もおそらく主力となってくるであろうジミー・バトラーに注目したいと思います。

ここ最近の彼の活躍は本当に素晴らしいです。
ジミーは持ち前のディフェンス力にさらに磨きがかかったようで、
特にスティールで数字を残す試合が多くなってきました。
ジミーのスティールは本当に凄いです。
なんというか、思いっきりダッシュして飛び込んでスティールするんですが、
危なさが無いんです。
普通、こういうスティールはギャンブルスティールになりがちで、
取れれば良いけど、取れなかった時は逆速攻になったり、
チームディフェンスを崩してしまったりする危険があるものですが、
ジミーはその危険を最小限に抑えた上でスティールを狙っています。
何が違うかと言えば、読みの正確さと判断力、飛び込む勇気、止まれる冷静さ、
そして何より類まれな身体能力でしょう。

ジミーは基本的にオフボールでも常にハンズアップして、
パスコースを制限することを怠りませんが、
それに加えてパスの出所を常に観察しています。
自分のマークマンとボールマンを常に視界にとらえつつ、
両方の動きをしっかりと捉えている印象があります。
そして、ボールマンがパスを出そうとするタイミングを常に伺っていて、
「いける」と判断するやトップスピードで飛び出してボールを奪います。
このあたりは本当に読みが良く、「取れる」「取れない」の判断が正確で、
いけると思ったら躊躇せず飛び込むので、
試合を観ていても急にジミーが飛び出してきた印象になります。

そして、私が最近特に注目しているのが、「取れない時」です。
当然全部のパスをスティールできるわけではなく、
取れない時だってあります。
が、その時のジミーの動きがこれまた凄い。
だいたい、動き出してしまってから「取れない」と思ったとしても、
すぐに止まることなんてできないものです。
でも、ジミーは止まれるんです。
「取れる」と思って動き出しているはずなのに、
途中で「取れない」と判断してからストップして自分のマッチアップマンのマークに戻るまでがとても速いです。
そして、すぐにディフェンスの体勢を取ることが出来ています。
だから、ジミーのスティールはリスクがとても少ないんだと思います。

ただ、こういう激しい動きが、
先のつま先の怪我につながってしまっているかもと思うと、
心配事のひとつでもあるんですが^^;

まだまだドフリーのシュートを外してしまったり、
シュート力に関しては課題が多くある選手ですが、
ディフェンスに関してはもうNBAの中でもトップクラスの選手になりつつあると思います。
ブルズはそもそもオフェンス力に脅威があるチームではないので、
ジミーのようにディフェンスで脅威を与えることが、
結果的に相手のポゼッションを奪い、
ファストブレイクからのイージーバスケットにつなげることが、
オフェンス力不足を補う手段にもなり得ると思います。
来年以降も間違いなく主力となっていく選手なので、
彼のディフェンスに要注意して見ていきたいです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Rock

Author:Rock
NBAのシカゴ・ブルズとデリックローズを応援しています。
Bリーグではアルバルク東京です。
バスケの話をつらつらと綴ります。

アニメパートもあります。
水瀬いのりちゃんファンです。

Twitter:@rocksugar2301

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。