FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/12/25 CHI vs BKN

CHI 95 vs BKN 78

Bulls vs Nets Game Highlight


クリスマスゲームは先日のキャブス戦に続く快勝でしたね!
この試合からカークとジミーが復帰しましたが、
1Qは正直不安でいっぱいでした。
シュートは入らない、ターンオーバーは多いで悪い時のブルズでした。
が、1Q途中からオーガスティンとタージを投入したあたりから徐々に立て直し、
3Qで一気に爆発してネッツを置き去りにすることに成功しました。

この試合際立ってよかったのはタージ。
地元ブルックリンでの凱旋試合で本人もモチベーションが高かったのか、
ノアからのワンハンドパスをアリウープしたり、
ジミーが外したレイアップをプットバックでスラムダンクを叩き込んだり、
さらには今年磨きをかけているポストプレーや、持ち味のジャンパーも冴え、
20点、8りバウント、2ブロックと攻守に大活躍。

そして、さらに明るい材料がカーク&DJのバックコートコンビ。
前の記事で書いたようなカークのコントロールで落ち着けて、
DJで一気にテンポアップするという効果が早くも見られました。
これは正にローズ&カークでやりたかったことです。
カークはスタッツ的にはさびしく、6点、4アシストだけだったのですが、
DJはベンチから出て13点、5アシストの活躍。
ただ、この2人は数字以上にわくわくさせてくれるプレーぶりでした。

カーク&DJで特に印象的だったのは、
カークでのオフェンスの組み立てに失敗して手詰まりになってしまった時に、
一度DJに預けてそこから早い展開でオフェンスを成功させた場面です。
今まででは、一度組み立てに失敗すると、無理なシュートでオフェンスを終わらせてしまい、
結果それがこれまでの低いFG%を招いていたと思います。
それが、カークとDJの2人が司令塔としていることで、
片方が失敗しても、同じポゼッション内でもう片方が立て直すことができていました。
司令塔が安定するのがとても大きな効果を生んでいると思います。
散々だったFG%は、これから改善していくと思っています。

復帰したもう一人のジミーですが、
15点、5リバウンド、4アシストとまずまずの数字でした。
ただ、やはり一番効果的だったのはディフェンス、とりわけバックコートへのプレッシャーです。
BKNがバックコートへのルーズボールに不用意な対応をしているうちに、
ジミーが電光石火のスティールでボールを奪いに行き、
そのままファストブレイクに持ち込んだシーンは最高でした。
ジミーがいるとファストブレイクが本当に速い。
DJもめちゃめちゃ早いので、この2人のファストブレイクは大きな武器になりそうです。
うーん、これもまさにローズ&ジミーでやりたかったことですね。

ネッツの踏ん張りが利かずにブローアウトになりましたが、
ブルズのチーム力は明らかに上がっていると思います。
カークとDJ、ジミーとDJも効果的なことがわかりました。
次はマブスです。
私はこの試合が大きな大きな山場になると思っています。
ここまで快勝を2試合続けたわけですが、
相手はなんてことはない東のプレーオフ圏外のチームです。
この好調が強豪ひしめく西でプレーオフ圏内にいるマブスに通用するのか、
ブルズが本当に強さを取り戻せたのかどうかの勝負の試合です。
クリスマスゲーム以上に重要な試合になりますよ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Rock

Author:Rock
NBAのシカゴ・ブルズとデリックローズを応援しています。
Bリーグではアルバルク東京です。
バスケの話をつらつらと綴ります。

アニメパートもあります。
水瀬いのりちゃんファンです。

Twitter:@rocksugar2301

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。