スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13-14シーズン ブルズのキーマン3「#1 デリック・ローズ」

≪#1 デリック・ローズ≫
最後はなんといってもこの人、デリック・ローズです。
左ひざ前十字靭帯断裂という大けがから復帰したシカゴの英雄が、
王権奪取のキーマンにならないわけがありません。

忘れもしない2011年のカンファレンスファイナルのヒート戦。
ブルズはオフェンスでヒートのディフェンスを崩すことができず、
頼みの綱のローズすらも抑えられてしまい、
なすすべなくヒートに敗れました。

しかし、今シーズンは違います。
ローズのプレーには明らかな変化が見られました。
靱帯断裂を経験したことで、
プレースタイルがシューター型になるのではないか、
以前のようなドライブはもう見られないんじゃないか。
様々なマイナスの憶測が飛び交いました。
ところが、再びコートに立ったローズは、
以前よりも力強く、そして速くなっていました。
ドライブでゴール下に突っ込んでいっても当たり負けしない、
身体への負担を筋肉の鎧を身に付けることでカバーしていました。
これは、かつてバッドボーイズことデトロイト・ピストンズにコテンパンにされたマイケル・ジョーダンが、
後に屈強な身体へ変化していったのと似ていると思います。
ウェイドもそうと言われると思いますが、
ウェイドは筋肉の代わりにフラッシュと呼ばれたほどの圧倒的なスピードを失ったとも言われています。
しかし、ローズは違った。
良く知ったローズのプレーのはずなのに、
「ローズってこんなに速かったっけ?」
と思わせるくらい、圧倒的なスピードが戻っていました。

そして、チームでのボールシェアを意識しているのが随所に見られました。
それは昨年ローズがいないブルズがチームとして身に付けたもの、
ローズがいなくてもオフェンスを機能させる術です。
ローズが帰ってくることでローズ中心のオフェンスを組み立てるのではなく、
ローズ無しで組み立てたオフェンスシステムに、
ローズを組み込むことに成功したと思います。
組織的なオフェンスの中に、ローズの個の突破力を加えることに成功したんです。
ローズ自身も、休んでいる間、
チームの試合をとても多く観たと言います。
実際にプレーしている中で感じることとはまた違った視点で試合を考えるきっかけになったのだと思います。

さらに、大きく改善が見られたのがアウトサイドシュート。
リハビリ中特にアウトサイドシュートを練習したと言っていましたが、
さっそくプレシーズンでその成果が見られました。
アウトサイド主体のプレースタイルに移行するわけでなく、
ドライブの突破力を維持したままアウトサイドからの得点パターンが増えるというのはとても大きい。
ブルズは、コーバーを失ってから、正直アウトサイドにはそこまでの脅威はありませんでした。
昨年のベリネリも、実はそこまで高確率で3ptを決めていたわけではありません。
アウトサイドへディフェンスを広げることで、
ブルズ得意のパスワークを展開するスペースができる。
ローズ自身もドライブするスペースができる。
ブルズのオフェンスの可能性を広げる大きな武器になります。

最後に、バトラーの時にも書きましたが、
ディフェンスでのプレッシャー。
動きの量がハインリックと比べると圧倒的に多いローズと、
同じく動けるバトラーが組むことで、
この2人が相手のターンオーバーを量産してくれる可能性はかなり上がります。
ローズがいるとはいえ、決して豊富とは言えないブルズのオフェンスオプションにおいて、
ターンオーバーからのファストブレイクで重ねる得点はとても貴重で、
最も相手にダメージを与える武器になると思います。

昨年、全試合をローズ抜きで戦ったのは、
今年のためです。
どんな批判やバッシングを受けても断固として全休を貫いたのは今年のためです。
私たちファンも、昨年ローズのプレーが観られないこと我慢しぬいたのは、
今年、彼らがチャンピオンになる瞬間を見るためなんです。
シカゴ王朝が復権するシーズンとなるかは、
彼にかかっています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Rock

Author:Rock
NBAのシカゴ・ブルズとデリックローズを応援しています。
Bリーグではアルバルク東京です。
バスケの話をつらつらと綴ります。

アニメパートもあります。
水瀬いのりちゃんファンです。

Twitter:@rocksugar2301

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。