スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アニメ部】アニメの魅力その1(デフォルメの魔法)

ブログ再開での新しい試みはアニメ語りです。
バスケの事だけじゃなくアニメもここで語ります。
タイトルに【アニメ部】が入ってるのはアニメ語りなので、
ご興味のある方はご覧ください。

これもネタとしてストックしておいたけど、
早く出さないと鮮度が落ちそうだったのでメモ書きのまま放ちます(笑)
大人になってまでなんでそんなにアニメにハマってるの?っていうお話です。

背景にしろ人物描写にしろ、印象的な部分を特徴付けて表現できるのはアニメーションの良い所。
リアルを追及して実写に近づけることが良いことではない。
3DCGの良くないのはそういうところ。
リアルに近づけても面白味が無い。

アニメは時折嘘をつく。
それはかっこいい嘘。
でも実際の出来事もそうだと思う。
自分が体験する出来事は、必ず自分自身の主観で偏見が入る。
同じ風景だったとしても、人が見るよりも綺麗で感動的な風景に見える。
それは感情がフィルターになっているから。

アニメーションはそれをよりデフォルメして表現できる。
日本のアニメは特にそうだと思う。

あとはダイナミックで爽快感のある動き。
これに関してはTriggerが一番好き。
これも実写ではできない。
実写でやるとわざとらしくなる。

Triggerさんの代表作はキルラキル、リトルウィッチアカデミア。
個人的にはキズナイーバーもかなり好きでした。
あのクールのダークホースでした。
気になる方は是非是非。
スポンサーサイト

サマーリーグ総括

久々(4年ぶり)にブログを再開したので、
ストックしておいたメモをもうそのまま記事にします(笑)
ウェブラジオっぽいことも考えてたんですけど、
なんか色々とうまくいかなくて面倒くさくなりました。
「きっと続かない」というゴーストの囁きに従ってやめました。

というわけで、サマーリーグ総括です↓

まずはダン。
はっきり言って全然真価がわからなかった。
ほとんど出てないし、ペインと併用したせいで良さが出なかった。
ダンはポイントガードとして使いたい。
でも片鱗はあった。
1on1での縦への突破力は今のブルズのガードの中ではぴか一。
ディフェンスもぴか一。
ボールへの執着がいい。
シュートはご愛敬。ここはゆくゆく改善。

次はマルケネン。
彼もあんまり見れなかったけど、
シュート力は確かにあったのと、思ったより中でプレーしたがる傾向があるのは良い。
でも線が細いから苦労しそう。
5番でプレーさせるにはフィジカルが足りないけど、
ここはまだ20歳なんだからこれからいくらでも改善できる。
パワーをつけてディフェンスを良くして言ってほしい。
ゆくゆくはセンターもできると本当に良い。
ポルジンギスみたいになって欲しい。

バレンタイン。
彼はフィジカルが弱点なんだけど、それがほとんど改善されてなかった。
相変わらずスピードは無いしジャンプ力も無い。ダンクできない。
でも視野の広さとシュート力はまずまず。
彼は年を取って経験を積むほど良くなりそう。
フレッシュさは期待できない。
3番をやるには身体が弱すぎるから、2番もしくは1番で使っても面白そう。
1番ならサイズのアドバンテージが使える。スピードはダメだけど。

最後はブレイクニー。
彼は掘り出し物だった。
サマーリーグの中では一番アピールできてたし、まだ20歳っていういのがいい。
大学は2番だったけど、やっぱりアンダーサイズは気になるんだけど、
ウィングスパンがあってジャンプ力もあるから、そんなに気にはならないのかも。
オフェンスは大丈夫そうだから、問題はディフェンスかな。
生き残るには1番としての技術を学んでいってほしい。
とにかく身体が強くて身体能力が非常に高いから、
ゆくゆくはダンのバックアップとして使えるかも。
長い目で見ていきたい。
   
おまけでアーチディアコノ
ブレイクニーに続いて2Way契約を勝ち取ったアーチディアコノ君。
ダンとペインが諸々の事情でサマーリーグを離脱して以降ブレイクニーとバックコートを組んだ。
ブレイクニーと同じコンボガード的な感じだけど、よりポイントガードに近い印象。
個人的にはハインリックを思い出した。
シュート力があるし、ビラノバ大でNCAAチャンピオンにもなっている。
ブレイクニーより上級生だからそれなりの安定感がある。
トップチームに上げるかどうかはわからないけど、サマーリーグではブレイクニーの次に良かったのは彼なので、
ポジション被りはあるけど、より良い選手を上から順番に取ってる印象。
それが今のフロントの方針なんだと思う。
まーわからなくはない。
ダン、グラント、ペイン、ブレイクニー、アーチディアコノと若いガードがたくさんいる状況なので、
この中から生存競争になるんだと思う。
(ペインはNot a NBA Playerだけど。)

Dear. Derrick Rose(星屑のコントレイル)

水瀬いのりちゃんの『星屑のコントレイル』の歌詞が僕のローズへの想いを代弁してくれていたので、
僕の解説付きで『星屑のコントレイル』の歌詞を紹介します。
※()内が解説です。


いつか見つけた一番星
共に行こうと決めたあの日
(いきなり解説不要。1番星。)
見果てぬ夢を追い求めては
遥か遠い星の海へ
(見果てぬ夢=王朝復権)

君とならどこまでも行ける
ずっと思ってる 今でもそうだよ
たとえ どんな運命であっても
きっと超えてゆける
(解説不要)

数え切れないほど
君と駆け抜けた日々が
強く煌めいて
(あの試合とか、この試合とか、あのプレーオフとか)
終わらない夢を描く
星屑になるだろう
(終わらないよ)

そして
いつか生まれ変わったその時も
また笑い合えたら
(いつか…いつか…)
見果てぬ銀河へ 旅に出かけよう
(解説いります?)
君と共に
(君と!)

水瀬いのり『星屑のコントレイル』
作詞、作曲 藤永龍太郎


僕の中でDRoseへの想いは何も変わりません。
シカゴからトレードされた時点で、ローズは彼自身が本当の意味で独り立ちして、
いろんなものに立ち向かわないといけなくなった。
僕はブルズファンであるけど、ローズが大好きだから、
どこのユニフォームを着ていようが彼がデリックローズである限りは今までとなにも変わらない。
それまでの個人的な好き嫌いなんてものは僕にとって何の意味も持たない。
そんなことよりも、デリックローズにとってのこれからを考えたい。
今のローズにとってキャブスの優勝が成功なんだとしたら、
僕は心からそれを望むよ。

あ~いのりちゃん可愛い。
みんな「星屑のコントレイル」買ってね。
『星屑のコントレイル』
プロフィール

Rock

Author:Rock
NBAのシカゴ・ブルズとデリックローズを応援しています。
Bリーグではアルバルク東京です。
バスケの話をつらつらと綴ります。

アニメパートもあります。
水瀬いのりちゃんファンです。

Twitter:@rocksugar2301

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。