スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジミーのスティール

最近だいぶサボり気味です。。。
でも、試合はしっかり観てます!

ブルズは5割目前のところまで勝率を戻して来ていますが、
ここ最近はウィザーズにだけ勝てずに、
なかなか5割に届きません。
今日のレイカーズ戦は5割復帰をかけて3度目の正直と行きたいところですね。

さて、デンさん放出の衝撃から早くも2週間が経とうとしています。
この間の好調なブルズを支え、今後もおそらく主力となってくるであろうジミー・バトラーに注目したいと思います。

ここ最近の彼の活躍は本当に素晴らしいです。
ジミーは持ち前のディフェンス力にさらに磨きがかかったようで、
特にスティールで数字を残す試合が多くなってきました。
ジミーのスティールは本当に凄いです。
なんというか、思いっきりダッシュして飛び込んでスティールするんですが、
危なさが無いんです。
普通、こういうスティールはギャンブルスティールになりがちで、
取れれば良いけど、取れなかった時は逆速攻になったり、
チームディフェンスを崩してしまったりする危険があるものですが、
ジミーはその危険を最小限に抑えた上でスティールを狙っています。
何が違うかと言えば、読みの正確さと判断力、飛び込む勇気、止まれる冷静さ、
そして何より類まれな身体能力でしょう。

ジミーは基本的にオフボールでも常にハンズアップして、
パスコースを制限することを怠りませんが、
それに加えてパスの出所を常に観察しています。
自分のマークマンとボールマンを常に視界にとらえつつ、
両方の動きをしっかりと捉えている印象があります。
そして、ボールマンがパスを出そうとするタイミングを常に伺っていて、
「いける」と判断するやトップスピードで飛び出してボールを奪います。
このあたりは本当に読みが良く、「取れる」「取れない」の判断が正確で、
いけると思ったら躊躇せず飛び込むので、
試合を観ていても急にジミーが飛び出してきた印象になります。

そして、私が最近特に注目しているのが、「取れない時」です。
当然全部のパスをスティールできるわけではなく、
取れない時だってあります。
が、その時のジミーの動きがこれまた凄い。
だいたい、動き出してしまってから「取れない」と思ったとしても、
すぐに止まることなんてできないものです。
でも、ジミーは止まれるんです。
「取れる」と思って動き出しているはずなのに、
途中で「取れない」と判断してからストップして自分のマッチアップマンのマークに戻るまでがとても速いです。
そして、すぐにディフェンスの体勢を取ることが出来ています。
だから、ジミーのスティールはリスクがとても少ないんだと思います。

ただ、こういう激しい動きが、
先のつま先の怪我につながってしまっているかもと思うと、
心配事のひとつでもあるんですが^^;

まだまだドフリーのシュートを外してしまったり、
シュート力に関しては課題が多くある選手ですが、
ディフェンスに関してはもうNBAの中でもトップクラスの選手になりつつあると思います。
ブルズはそもそもオフェンス力に脅威があるチームではないので、
ジミーのようにディフェンスで脅威を与えることが、
結果的に相手のポゼッションを奪い、
ファストブレイクからのイージーバスケットにつなげることが、
オフェンス力不足を補う手段にもなり得ると思います。
来年以降も間違いなく主力となっていく選手なので、
彼のディフェンスに要注意して見ていきたいです。
スポンサーサイト

5連勝!!

ブルズは一昨日のバックス戦に81-72
昨日のボブキャッツ戦に97-103というスコアで勝利し、
連勝を今季最長タイの5連勝に伸ばしました。
デンさんを失ってからも依然としてブルズの選手たちは戦う姿勢を忘れていません。

この間、好材料だったのは、ダンリービー、オーガスティンが好調を維持してくれていること、
そして、10日間契約をしたカルティエ・マーティンの活躍だったと思います。

ダンリービーはここしばらくシュートタッチが安定していて、
スクリーンを使ったカットプレーからのキャッチ&シュートがとても効果的に決まっています。
これは、ハインリックの時でのオーガスティンの時でも決まっているので、
オフェンスが停滞しそうなところを彼がことごとくつないでくれています。
そして、なにより良い傾向なのは、
今のダンリービーはあらゆるプレーでエナジーに満ち溢れています。
リバウンドもきっちり取りに行くし、
苦手とされていたディフェンスでも、
苦手なりに一生懸命動いて守っている姿がとても印象的です。
実際、相手の速攻をブロックで止めたりというハイライトシーンもありましたね。
ダンリービーは性格がとても良い選手だと思っていたのですが、
内に秘めた闘志も持ち合わせている選手な気がしていきました。
ノアやタージとも息があうと思います。
2年契約の選手で本当に良かった。

そして、オーガスティンのアップテンポなゲームコントロールもとても効果的です。
彼は巧みなドリブルムーブとクイックネスでディフェンスを翻弄するタイプですが、
特に、ノア、タージとの相性が良いように思います。
スクリーンを使ったプレーもそうですが、
ノアがはいポストでボールを持った時にも、
オーガスティンが日間にカットプレーを狙っていくので、
ノアからナイスパスが出ることも多くあります。
そして、ボブキャッツ戦で決めたダンリービーからのタッチダウンパスをそのままアリウープでレイアップにつなげたように、
自ら速攻の先頭を走る走力とフィニッシュ力を持っています。
彼がコート上にいると、自然と速いテンポが生まれます。

さらに、10日間契約で獲得したカルティエ・マーティンの活躍も良かった。
彼は2009年にドラフトされた6年目の選手ですが、
これまでCHA→GSW→WAS→ATLと渡り歩いており、
その間、Dリーグも経験した苦労人です。
200cm、103kgというG/Fの選手としては平均的な体格で、
3pt%が4割そこそこという、いわゆる「そこそこ」の選手です。
しかし、この前のバックス戦ではいきなり26分起用され、
11点を叩き出しました。
試合を観た感想だと、典型的なウィングプレーヤーという感じです。
スクリーンを使いながらマークとのズレを作ってオープンになるのを狙い、
ペリメーター周辺やコーナーからのミドル、またはロングシュートを狙う感じ。
そこまで洗練されてはいませんが、RIPが近いかもしれません。
しかし、一番印象的だったのは、とにかくよく動くことです。
加入間もないチームなので、システムも把握しきっていないであろう中で本当によく動いていました。
さすが苦労人といった感じです。
この日はジミーの欠場もあってトニーに期待がかかったのですが、
1Qの早いタイミングで早々にマーティンにチェンジし、
その後もマーティンの方がプレータイムが長かったくらいです。
早くもティボドーの信頼を得たのではないかと思います。
ウィングはとにかくトニーに成長してもらいたいところもあるのですが、
このところプレーが慎重すぎるというか、
ちょっと自身を無くしているような印象もあったので、
ここらで一度トニーにはベンチで勉強し直してもらうのもいいかもしれません。
バックス戦を観る限りではありますが、
ジミーが復帰してきても、トニーではなくマーティンを使っていくのではないかと思います。
ま、トニーはルーキーなので、
ジミーの1年目と比べてももう相当使ってもらっているので、
あとは落ち着いて成長を続けてもらえればという感じです。

さあ、あとはどこまで連勝を伸ばせるかです。
次はウィザーズ戦です。
勝率は5割以下ですが、東のプレーオフ圏内でブルズのすぐ後ろについています。
決して侮れる相手ではありませんが、
正直、ここからさらに上を狙っていこうというブルズにとっては、
ここで手こずっていては話になりません。
圧勝は望みませんが、
せめて失点を押させてブルズらしい戦い方でしっかり勝利を収めて欲しいです。

2014/01/08 PHX at CHI

PHX 87 vs CHI 92

Suns vs Bulls Game Highlight


デンさんを失って初めての試合でしたが、
見事に快勝で3連勝です!

この試合は、開始から選手たちの気迫を感じる試合でした。
あれだけシュートスランプだったにも関わらず、
1Qから飛ばして27点を記録。
特にタージとジミーが頑張ってくれていました。
後半ではかなり苦戦してしまいましたが、
トニーの連続スリーなどもあり、なんとか逃げ切り勝利しました。

デンさんが抜けた3番にはダンリービーが入り、
膝痛で離脱中のブーザーの代わりにタージがスタメンだったのですが、
なかなか安定していたと思います。
やはりタージが4番に入ると、ノアとのフロントラインのディフェンス力が格段に上がります。
ノアもタージも運動量が豊富なので、スリーポイントエリアまでヘルプに飛び出すことができ、
この日フライの長距離砲を1本に抑えたことや、
サンズ全体でも3ptを6/23の26.1%という低確率に抑えた要因になっているのではないかと思います。
ブーザーではどうしてもディフェンスが弱くなってしまいます。
デンさんを怪我で欠いていた時には、ダンリービーとブーザーの同時起用となっていたのですが、
この時にはディフェンスがかなりもろくなってしまい、勝ち星を伸ばせませんでした。
ダンリービーに関しては徐々にシステムにも慣れだして来ているということもありますが、
4番にタージを置くことで、ダンリービーの守備の穴もある程度カバーできているのではないかと思います。
今後、ブーザーが復帰した時に、タージをベンチに下げるかどうかは悩みどころだと思います。

とはいえ、この日は守備に不安のあるダンリービーもそうですが、
最年長のナジーも運動量がとても多かった。
ナジーなんかは普段あまりスリーポイントエリアの選手にまでチェックに行くことは無いのですが、
この日は少し遅れ気味でもあきらめずにチェックに飛び出して必死に手を伸ばしてくれていました。
ダンリービーも遅れても頑張ってチェックに行く姿が見られました。
デンさんの移籍で雰囲気が沈んでしまいそうなチームをなんとか鼓舞しようとする姿勢が見られました。
ノアは手を叩いて大きな声を出し、スネルはいつも通りタイムアウトでは真っ先にベンチから飛び出し、
タージやナジーやマーフィーもそれに続いていました。
DJがドライブしてファウルを受けて倒された時には、
他の4人が一斉にDJに駆け寄って引き起こすような場面もありました。
いつもハドルの中心になって声を出していたデンさんの代わりに、
この日はジミーが声を出したそうです。
ローズの再びの怪我、デンさんの移籍と、
チームが試練の時を迎えていることは選手達が一番よくわかっています。
しかし、ブルズの中に折れたり腐ったりしている選手は一人もいません。
この試合で、まだまだ勝てるチームであることを証明したと思います。
私は変わらず、ブルズは東の3位でプレーオフに出場すると思っています。

ありがとうデンさん

昨日、デンさんのトレードが発表されました。
キャブスのアンドリュー・バイナムと将来のドラフト指名権3つとの交換になります。
正直、これはもうある程度予想ができたことで、
希望はもちろんデンさんの残留だったのですが、
ブルズのサラリーを眺めれば眺めるほどそれは難しいと思っていました。
デンさんが譲歩してくれることも期待してはいましたが、
これだけの活躍をしているにも関わらず大幅なサラリー減ではデンさんも納得できないだろうと、
いつか来るだろうこの時を覚悟していました。
とはいえ、いざ実際に訪れてみるとやはり悲しいです。

私は、デンさんがドラフトされた当初のブルズは実はあまり知りません。
丁度その頃はアイバーソンが好きでしたが、
シクサーズも解体の時期に差し掛かっていて、
全体的にNBA熱が冷めていた頃でした。
その後、ローズのルーキーシーズン、
特にセルティックスと激戦を繰り広げたプレーオフ1stラウンドを見て、
また、ブルズ熱を再燃させました。

そして、シボドー体制になってからのデンさんの活躍は本当に素晴らしかった。
数字に残らない貢献をここまでしてくれる選手はなかなかいないと思います。
オフェンスもディフェンスもリバウンドも、
常にチームのために全力を尽くすプレーヤーでした。
シボドーからも絶大の信頼を得ていましたね。
デンさんが欠場した負け試合のインタビューで、
「勝つためにはチームに何が足りなかったのか?」と問われたシボドーが、
「Lu(デンさんの愛称)」と即答していたのがとても印象的でした。

去年のプレーオフ2ndラウンド。
ヒートと対戦したブルズは、デンさんを怪我と体調不良で欠いていました。
この時、レブロンとマッチアップすることになったジミーに対して、
デンさんが対レブロンのためのディフェンスをジミーにレクチャーしていたという話もありました。
チームメイトのためにできることを精一杯やってくれるプレーヤーでした。

デンさんはブルズを去ることになりますが、
プレーヤーとしてはまだまだデンさんもこれからです。
キャブスに移籍したと言っても、
キャブスが契約延長をしなければ、今オフにFAになることに変わりはありません。
そうなれば、多くのチームが彼の獲得に乗り出すはずで。
それこそ、来年、再来年に優勝を狙えるチームから声がかかるかもしれません。
どこのチームに行ってもきっと貢献できる選手だと思うので、
どのユニフォームを着ていたとしても、
変わらず応援していきたいと思います。

そして、私はこっそり妄想しています。
デンさんが将来ブルズに戻ってくることを。
今28歳のデンさんは、仮に3年契約をあと2回得たとして、
6年後には34歳。
ナジーが今36歳なので、それより若いです。
バックアップとしてならまだやれる年齢のはずです。
その頃、ローズは31歳。
ジョーダンが黄金期の真っただ中だった頃の年齢です。
ブルズが黄金期を築けているかはわかりませんが、
大ベテランとなったデンさんがリングのためにシカゴに帰還するというのは、
決して無理なストーリーではないのではないかと思っています。
そう、ジェイソン・キッドがマブスでリングを手に入れたみたいに。
その時まで、是非とも背番号9は空けておいてもらいたい。
いつか、またデンさんがブルズのユニフォームに袖を通すその日まで。

デンさん、本当にありがとう。

2013/12/31 CHI at MEM

CHI 95 vs MEM 91

快勝と言っていいのか微妙な感じですが、
とりあえずマブス戦での嫌な感じは払拭できたのではないでしょうか。

この日も相変わらずターンオーバーが多く、21を記録しましたが、
メンフィスも同じく21を記録したので、
この部分でのアドバンテージは取られなかったのが良かったのかなと思いました。
ターンオーバーの多さはまだまだ課題ありですね。

それを打ち消してくれるくらい、
今日はジミーとブーザーが良かったですね。
ジミーが26点、4リバウンド、ブーザーが21点、10リバウンドの活躍でした。
特にジミーはケガから復帰して以来ずっとパッとしない感じだったのですが、
この日はらしさ全開で、ドライブからいやらしい攻めでファウルとFTを量産していました。
この日はFTが12/14だったので、得点の半分近くをFTで稼いだことになります。
これでいいんです。
難しいジャンプシュートを6本決めようが、
FTを12本決めようが、同じ12点です。
ジミーに求められているのはこのプレーだと思います。
今日は中盤から終盤にかけて常にリードしていられましたが、
これを是非ともリードされている終盤で発揮して欲しいです。
時計を動かさないで点差を詰めるにはFTが一番重要です。
ジミーのFTがもらえるプレーは絶対に重宝します。
ジミーにはこの調子で、どんどんプレーレベルを上げていってほしいです。

それから、久々にジミーのアリウープも観れました。
タージもアリウープしてたので、この2人が揃うとやっぱり派手なプレーも出始めますね。
ブルズのアリウープ担当として頑張って欲しいです。

日本時間では今年最後の試合となりました。
ローズの怪我からの復帰に始まり、
ローズの再度の怪我があり、
昨年のデジャブかと思わせるくらいの怪我人続出、
勝てない時期にオーガスティン加入という光明も見ました。
何はともあれ、勝負は来年です。
オールスター明けくらいからチームケミストリーも向上してくるはずです。
幸いにも、東は上位2チーム以外が低迷しているので、
プレーオフ圏内を狙うのはそう難しい話ではありません。
プレーオフまでの間にチームを成熟させれば、
プレーオフでは上位チームいじめができるはずです。
ヒートの3連覇をストップするチャンスだってあるかもしれません。
ジミー、トニー、タージ、DJなどの成長も楽しみです。
まだまだ今シーズンは楽しめます!
楽しみます!^^

それから、今シーズン開幕とほぼ同時にこのブログを始めました。
途中記事を更新できない期間もありましたが、
アクセスしていただいている方がいることはとても励みになっています。
コメントをいただかなくても嬉しいです^^
来年もたまに不定期になってしまうかもしれませんが、
暇つぶしにでも拙い文章を読みに来ていただけれると嬉しいです。
それでは、みなさん良いお年を!
プロフィール

Rock Sugar

Author:Rock Sugar
NBAのシカゴ・ブルズを応援しています。
専門知識はまるでありませんが、試合の感想や気になったことなど、気ままに書いていきます。

ブルズ以外のNBA関連の話も。

Twitter:@rocksugar2301

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。